各支部で多様な活動を展開

− 平成18年度 年末・年始労働災害防止強調運動 活動報告 −

 平成18年度の年末・年始労働災害防止強調運動は、死亡・重大災害を含む労働災害の多発が懸念される12月1日から1月31日まで、

「時間のゆとりを配車に入れて 安全優先わが社の運行」

をスローガンに、 陸災防各都道府県支部及び会員事業場において、労働局、トラック協会等の支援・協力を得て、交通労働災害及び荷役運搬作業災害の防止に向けた特別の取組を実施しました。

 

〈取組内容〉

各支部においては、広報誌を活用した「年末・年始労働災害防止強調運動」の実施についての会員事業場への周知を行うとともに、次のような多様な活動を積極的に展開しました。  

@ ポスター、のぼりの掲示

A 陸運災防指導員による「職場の安全衛生自主点検表」を活用した安全パトロール

B 事業場巡回指導

C 事故防止研修会

D 陸運労災防止大会

E テレビ、ラジオを活用した広報

F 陸運災防推進委員・指導員合同会議の開催

G 年末交通安全県民運動キャンペーンへの参加

〈重点支援支部の取組〉

特に死亡災害や休業災害が増加傾向にある都道府県では、労働局長から当該支部長に対し、特別の対策を講ずるよう緊急要請が出されています。

当協会では、 このような支部をはじめ、死亡災害の発生水準が高い支部や労働災害の増加が懸念される支部等を重点支援支部に指定して、年末・年始労働災害防止強調期間を中心に、本部、支部一体となった活動を展開しました。

〈取組の紹介〉

各地の取組例を以下に紹介します。

 

[北海道支部]
 ・ 交通労働災害事例研究会の開催
 ・ 北海道陸上貨物運送事業労働災害防止大会の開催
 ・ 滝川分会安全大会の開催
 ・ 小樽分会交通労働災害防止大会の開催
 ・ 安全パトロール−5分会で実施
 ・ 運転初任者研修の実施

 

[神奈川県支部]
 ・ 広報誌を活用した「死亡災害多発」についての記事の掲載
 ・ フォークリフトによる死亡災害が急増していることから、啓発用のリーフレットを作成
 ・ 陸運災防指導員会議の開催
 ・ 労働災害防止推進委員会の開催
 ・ 分会事務局長会議の開催(最近の死亡災害の概要について説明)
 ・ 交通労働災害防止担当管理者講習の実施
 ・ 交通労働災害防止モデル事業場会議の開催

 

[福井県支部]
 ・ 広報誌を活用し、「年末・年始労働災害防止強調運動」の実施要綱を掲載し、会員事業場への周知、ポスター、のぼりの掲示
 ・ 「職場の安全衛生自主点検表」を会員事業場へ配布し、点検結果の報告を求めた。
 ・ 陸運災防指導員による安全パトロールの実施
 ・ 陸運災防指導員による事業場巡回指導
 ・ 平成19年新春経営者セミナーの開催
 ・ 災害事例研究会の開催
 ・ 交通労働災害防止担当管理者教育講習会の実施

 

[愛知県支部]
 ・ 陸運災防指導員会議の開催
 ・ 交通労働災害防止モデル事業場会議の開催
 ・ 安全衛生推進者能力向上教育講習の実施
 ・ 安全管理士による個別指導の実施

 

[大阪府支部]
 ・ 広報誌を活用した「年末・年始労働災害防止強調運動」についての周知
 ・ 点呼事項チェックシート並びにフォークリフト作業開始前点検確認等一覧表の「クリアファイル」の作成と周知
 ・ 安全衛生推進者及び衛生管理者能力向上講習会の実施
 ・ 交通労働災害防止担当管理者教育、特別指導監督講師養成講習会の実施
 ・ 平成18年度「交通・労災事故防止大会」の開催
 ・ 交通労働災害事例研究会の開催

 

[奈良県支部]
 ・ 労働・陸災防止対策委員会の開催
 ・ 奈良県交通事故・労働災害防止大会の開催
 ・ 「過重労働防止を重点とする交通労災防止点呼シート」の全会員事業場への配布と周知

 

[福岡県支部]
 ・ 分会長・災防指導員・事務局長会議
 ・ 陸運業における労働災害防止説明会の開催(監督署との共催)
 ・ 交通労災事例研究会の開催
 ・ モデル事業場会議の開催
 ・ 福岡県陸運労災防止大会の開催