各地で多彩な活動を展開
− 平成19年度 夏期労働災害防止強調運動 活動報告 −

 平成19年度の夏期労働災害防止強調運動は、7月1日から7月31日までの期間を中心として、陸災防各都道府県支部及び会員事業場において、労働局、トラック協会等の支援・協力を得て、交通労働災害及び荷役運搬作業災害の防止に向けた特別の取組を実施しました。
 特に、経営者と従業員が一致協力して職場における安全衛生活動を組織的、計画的かつ効果的に推進し、職場の安全衛生管理水準を高めていくことが必要であるという観点から、

時間のゆとりを配車に入れて 安全優先我が社の運行」

をスローガンに、労働災害防止に向けた経営トップの固い決意のもと、各職場において、労働災害防止の重要性について認識を深め、安全活動の着実な実施を図るための取組を行いました。

 

  ○ 各支部における取組

  各支部においては、次のような取組や活動を行いました。

  • 広報誌を活用した「夏期労働災害防止強調運動」の実施についての会員事業場への周知

  • 夏期月間紙のぼりや夏期労働災害防止強調運動ポスターの会員事業場への配布を通じての啓発活動

  • 監督署と連携し、陸運災防指導員、推進員、支部職員等により「職場の安全衛生自主点検表」を活用した安全パトロールの実施

  • 全国安全週間を活用し、監督署と県支部共催による「自動車運転者の改善基準及び過重労働による健康障害防止」に関する説明会の実施

  • トラック協会との共催による「交通安全街頭活動」の実施

  • 災防指導員合同会議を開催し、「リスクアセスメントの取組」についての事例発表の実施、産業安全衛生大会への参加

  • 運輸支局、監督署、警察署の来賓を迎えての労働災害防止大会の開催

 

  また、次のような取組も行いました。

  • 期間中にテレビ、ラジオを活用した「夏期労働災害防止強調運動」の周知

  • 地域との交流を図る観点から、七夕まつりに陸運労災防止協会の名前を冠した「竹飾り」を提供し、陸運労災防止協会をPR(写真)

  • 陸運災防指動員会議の開催・安全研修会の実施

  • 荷主の協力を得て積卸し作業の内容の確認を行い、作業指示書の活用と運転者を安心して送り出すための「安全作業連絡書」について、広報誌を活用した会員事業場への周知、陸運災防指導員会議等の場を利用した各委員への「安全作業連絡書」の周知と取組

 

 神奈川県支部平塚分会では4年前より、業界へPR、地域交流を図るために「湘南平塚七夕まつり」に竹飾りを掲出しています。

 竹飾りは3年前の陸災防全国大会(東京)でホール入り口に飾られたのでご記憶の方も多いと思います。

 今年も7月5日〜8日まで開催され約300万人の見物客で賑わいました。