トップ > 荷役災害防止担当者に対する安全衛生教育(荷主等向け)のご案内

厚生労働省委託事業 荷役災害防止担当者に対する安全衛生教育(荷主等向け)

 陸上貨物運送事業の労働災害の70%は、トラックの荷台等からの墜落・転落等の荷役作業中に発生しています。さらにその70%は荷主等(荷主、配送先、元請事業者等)の事業場で発生しています。このため、厚生労働省では平成25年3月に「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」(以下、「荷役ガイドライン」といいます。)を策定し、陸運事業者の実施事項、荷主等の実施事項を示しました。本年度は、この荷役ガイドラインに示された荷役災害防止の担当者に対する安全衛生教育(荷主等向け)を全国47か所で開催を予定しています。

 現在、各都道府県支部と日程の調整をしており、決定次第当ページでご案内をいたします。

【パンフレット】

荷役作業安全ガイドラインのあらまし

「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」について、ダイジェスト化したパンフレットです。(PDF:944KB)

 

〜講習会の主な内容〜

 

1 開催日時・場所 

 全国47都道府県 ※現在調整中(9月〜12月予定)

 

2 講習会の内容
 @ 荷役災害防止担当者に対する安全衛生教育

   (荷主等向け)
 A 質疑応答
 B アンケート記入

 

3 定員 約50名

4 参加費 無料

5 参加申込み 
 参加申込は、陸災防の各都道府県支部までお申し込みください。