目次

第1章 事業者の責任と交通労働災害防止担当管理者の役割
 第1節 交通事故及び交通労働災害の現状と問題点
  1 交通労働災害の意味
  2 交通事故の現状
   (1) 交通事故の発生状況
   (2) 貨物自動車の交通事故発生状況
   (3) 高速道路の交通事故発生状況
   (4) 各国の交通事故発生状況
  3 交通労働災害の現状と問題点
   (1) 労働災害の発生状況の推移
   (2) 労働災害防止対策の推進
   (3) 労働災害と交通事故の発生状況の推移
   (4) 陸上貨物運送事業の労働災害発生状況
   (5) 交通労働災害の現状

第2節 事業者の責任と管理体制
  1 事業者の責任
   (1) 事業運営と安全配慮義務
   (2) 事業者の安全責任
   (3) 事業者の姿勢と安全効果
   (4) 労働者の安全責任
  2 交通労働災害防止のための管理対策の確立
   (1) 交通労働災害防止のための管理組織
   (2) 陸上貨物運送事業の事業場で選任が必要な管理者等の例
   (3) スタッフ組織とライン組織
   (4) 交通労働災害防止担当管理者の意義
   (5) 交通労働災害防止担当管理者の選任
   (6) 安全委員会などにおける取組
   (7) 管理組織の例
  3 交通労働災害防止規程の作成
  4 交通労働災害防止推進計画の作成
  5 労働安全衛生マネジメントシステム

第3節 交通労働災害防止担当管理者の職務
  1 交通労働災害防止担当管理者の心得
  2 交通労働災害防止担当管理者の職務
   (1) 職務内容の交通労働災害防止規程への記載
   (2) 具体的職務

第2章 交通労働災害防止のための管理の進め方
 第1節 交通労働災害の発生原因
  1 災害発生の要素
  2 人の不安全な行動
   (1) 運転者の不安全状態
   (2) 心身の不安全状態
   (3) 実態調査結果からみた交通事故発生の可能性の高い原因
  3 物の不安全な状態
  4 環境の不安全な状態
   (1) 他の自動車運転者の不安全な行動
   (2) 歩行者などの不安全な行動
   (3) 道路などの不安全な状態
  5 安全管理の欠陥

第2節 交通労働災害の分析方法とその活用
  1 災害調査の手法
   (1) 災害調査の意義
   (2) 調査方法
   (3) 調査担当者
  2 行政官庁への報告
   (1) 警察官への報告
   (2) 陸運支局長・国土交通大臣への報告
   (3) 労働基準監督署長への報告
  3 原因分析
   (1) 分析方法
   (2) 分析主体
  4 同種・類似災害の防止
   (1) 対策の樹立
   (2) 社内での周知と実行
   (3) 交通労働災害防止推進計画への導入
  5 災害統計
   (1) 災害統計の意義
   (2) 労働災害発生率
   (3) 交通事故発生率

第3節 交通労働災害防止推進計画の作成
  1 計画の意義
  2 作成方法
   (1) 実施時期・実施期間
   (2) 実施責任者・実施者
   (3) 計画の作成過程
  3 目標・実施事項
   (1) 具体的な目標
   (2) 基本的実施事項
   (3) 重点的実施事項
  4 計画の実例

第4節 適正労働時間等の管理
  1 労働時間の現状
  2 過労運転と労働時間
  3 労働時間法制の概要
   (1) 労働時間関係の用語
   (2) 法的制限の概要
   (3) 法的制限の性質
  4 労働基準法の制限
   (1) 法定労働時間
   (2) 変形労働時間
   (3) 時間外労働
   (4) 休憩
   (5) 法定休日の要件
   (6) 休日労働の要件
   (7) 年次有給休暇
   (8) 深夜業
   (9) 割増賃金
  5 自動車運転者の労働時間などの改善基準
   (1) 改善基準の意義
   (2) 改善基準の概要
   (3) 改善基準の説明
  6 夜間走行についての対策
   (1) 夜間走行の危険性
   (2) 深夜業の法規制
   (3) 夜間走行の安全対策

第5節 適正な走行計画に基づく走行管理
  1 走行経路の調査
   (1) 適正な走行経路の選定
   (2) 交通規制の確認
   (3) 走行経路の事前調査
   (4) 交通危険マップの作成・活用
  2 走行計画の作成
   (1) 走行計画の意義
   (2) 走行計画の作成基準
  3 走行計画、交通危険マップなどによる走行指示
  4 適正な走行管理
   (1) 走行計画と走行管理
   (2) 乗務実態の把握方法
  5 安全走行の留意事項
  6 労働者の送迎の際の措置
   (1) 労働者送迎時の危険
   (2) 送迎時の危険防止対策

第6節 日常の走行管理
  1 運転業務と管理業務
  2 自動車の点検整備
   (1) 点検整備と路上事故
   (2) 法定点検整備の外洋
   (3) 整備管理者
   (4) 日常点検
   (5) 定期点検
   (6) 途中点検
   (7) 走行後の点検
   (8) チェックリストの使用
  3 点呼
   (1) 点呼の定義
   (2) 点呼時の重要事項
   (3) 点呼の実施義務
   (4) 走行前の点呼
   (5) 中間点呼
   (6) 走行終了時の点呼
   (7) 記録の作成と業務の引き継ぎ
  4 異常気象時などの措置
   (1) 異常事態
   (2) 異常事態への対処方法
  5 災害発生時の緊急措置
   (1) 災害発生時の措置の困難さ
   (2) 緊急措置基準の実行
   (3) 緊急措置基準の実行
  6 荷の適正な積載
   (1) 安全な積載方法
   (2) 過積載の禁止
   (3) 荷の安全な積載方法
   (4) 危険物などの積載
  7 安全装置・応急用器具
   (1) 安全装置の装着
   (2) シートベルトの着用
   (3) 応急用器具類の備付け
  8 適性診断・経歴証明書の活用
   (1) 運転適性診断
   (2) 運転経歴証明書

第3章 教育及び運転者認定制度
 第1節 教育計画
  1 教育の目的
  2 教育の手法
   (1) 教育に当たっての基本的事項
   (2) 教育手法
  3 教育計画の立て方
   (1) 教育計画の骨子
   (2) 教育計画の実例

第2節 教育の種類と内容
  1 雇い入れ時の教育
   (1) 教育の意義
   (2) 教育の実施義務・対象労働者
   (3) 教育の実施時期
   (4) 教育の内容
   (5) 教育の省略
   (6) 自動車運転者への教育の指導基準
  2 作業内容変更時の教育
   (1) 教育の意義
   (2) 教育の内容
  3 添乗指導教育
   (1) 教育の意義
   (2) 教育担当者
   (3) 教育の内容
   (4) 教育の実施時期
  4 添乗教育等を実施するための安全運転指導員制度
   (1) 制度の意義
   (2) 指導員の選任
   (3) 指導員の職務
  5 日常教育
   (1) 教育の意義
   (2) 教育の方法
  6 安全運転実技訓練
   (1) 訓練の意義
   (2) 実施方法
  7 事故発生者等に対する教育
   (1) 教育の意義
   (2) 教育の方法
  8 管理・監督者に対する教育
   (1) 教育の必要性
   (2) 走行管理に必要な能力
  9 交通労働災害防止講習会
   (1) 講習会の意義
   (2) 開催方法
 10 交通危険予知訓練
   (1) 教育の意義
   (2) 教育の方法
 11 家族教育
   (1) 教育の意義
   (2) 教育の方法
 12 外部教育機関の具体的名称

第3節 運転者認定制度
  1 制度の意義
  2 認定の方法
  3 運転資格認定制度

第4章 健康管理
 第1節 健康診断
  1 健康診断の意義
  2 健康診断の実施
   (1) 法定健康診断
   (2) 労働者の受診義務
   (3) 労働者への結果通知
   (4) 記録の作成
   (5) 医師からの意見聴取
  3 健康診断実施後の措置
  4 保健指導
  5 深夜業従事者の自発的健康診断
  6 定期健康診断の実施状況

 第2節 心身両面にわたる健康診断の保持増進
  1 事業場における健康保持増進
   (1) 健康保持増進の必要性
   (2) 健康保持増進の行政指導基準
   (3) 悩みごとの相談
  2 高年齢者・女性の健康と交通労働災害防止
   (1) 高年齢運転者
   (2) 女性運転者

 第3節 運転時の疲労回復と腰痛予防
  1 運転時の疲労回復
   (1) 運転疲労の特徴
   (2) 運転疲労の防止、回復
  2 腰痛予防対策
   (1) 腰痛の発生状況
   (2) 腰痛予防の行政指導基準

 第4節 夜間運転と健康
  1 夜間運転と疲労
  2 夜間運転の危険防止
   (1) 一般的対策
   (2) 深夜業の法規制

第5章 交通労働災害防止に対する意識の高揚
 第1節 交通安全意識を高める効果的手法
  1 交通安全意識の意義
  2 経営首脳が先頭に立った活動の推進
  3 交通危険予知訓練(交通KYT)
  4 ヒヤリ・ハット活動
   (1) ヒヤリ・ハットの意義
   (2) ヒヤリ・ハット活動の方法
   (3) ヒヤリ・ハットメモ
  5 その他の交通安全意識高揚の方法
   (1) 自社の交通労働災害防止大会の開催
   (2) 自社の交通安全講習会の開催
   (3) 外部の交通安全大会・交通安全講習会への参加
   (4) 災害発生の現場写真などの掲示
   (5) ポスター・ワッペンなどの活用
   (6) 社内報への交通安全記事の掲載
   (7) 表彰制度・優良運転者公表制度
   (8) 安全報奨制度・安全提案制度・無事故競争制度
   (9) 安全宣言の実施
   (10) 家族の参加

第2節 一般労働者の交通労働災害防止
  1 一般労働者の交通安全
  2 一般労働者の交通安全対策